2019年08月19日(月曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

西澤貞夫 つれづれ山河 第五十七回

13-10-30 19:07 配信

地球上には3000万種の生物がいて、人間はそのうちの1種で。近年の誕生日で「歳を重ねると無欲になると思っていた」が、人間には生きただけのこころが残る。うそを聞いて喜び、本当(真実)を聞いて腹が立つ。高位の人の発言は訂正も撤回もない。10000回の信義も10001 回目に「人情を外される」と10000回の温情が遺恨から怨念になることも人間たる業である。先人の詞で「覆水盆に帰らず」

法律規則は変えることが出来るが、人のこころには限界がある。人の愚かさを、僧の言う「煩悩」が消える日が我にくるのか。

国会が開会すると政治が映像と紙面で大きくなり、地球の反対国の出来事が瞬時に伝えられ、知らなくてもいい事まで知らされる。病院の医師は「病人は回復するという楽しみがあります」からと言う。薬は「効きます」と言うが「治ります」とは言わぬのはニクイ。待合室はスゴイ応接問、テレビで事件の報道に老婦人が、「反省も謝罪もしないパカ」と、しっかり言う。。

この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg