2020年04月07日(火曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

またか。 テリー伊藤 「生活保護受給者のパチンコを認める」 発言

16-03-16 19:11 配信

[驚愕]5日放送の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、テリー伊藤さんら、「生活保護受給者のパチンコを認める」 発言

番組では、大分県別府市が、パチンコや競輪を理由に一部の生活保護受給者に生活保護費の一部支給を停止したことに対し、 弁護士グループが「違法」との意見書を提出した話題を取り上げた。 
別府市役所の担当課長によると、別府市は生活保護費の受給率が大分県内では断トツであり、 中には朝から晩までパチンコに行っている人もいるという。 

そこで、番組では「パチンコで生活保護費の支給停止 賛成? 反対?」をトークテーマにしたところ、「パチンコで生活保護費の支給停止」に「賛成」の井上アナは、「(税金を)パチンコに使っている時間を仕事に使うとか(しないと)理解を得られないんじゃないか」と意見した。 
すると、「反対」のテリー伊藤さんは「仕事したくてもできない方がいる」と反論する。


また、「僕は、例えばイケメンのいるカラオケに 奥さんやおばあちゃんが行ったっていいと思う。そこで、明日もまた生きていくんだってなる」と話し、生活保護費を受給していようと 「別にストリップ行ったっていい」「その人が、それで活力になれば」と持論を展開した。 

これに、井上アナが「何してもいいということですか?」と追及すると、テリー伊藤さんは「だから、何が悪いのかなって」 「生活保護受けているんだから、そんな自由なことすんじゃないという規制の方が、よっぽど住みにくくなる」と主張した。 



テリー伊藤さんは、「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」の応援団長を務めている。
関連記事:やまと新聞2012.6.21テリー伊藤お前もか! 




【やまと新聞の解説】





 続きを読む ここから先は会員のみ閲覧可 ログイン 新規登録

 
偏向した大手マスコミと一線を画した独自の取材を継続し
より多くの人々に我が国の真実を広めるため
我々やまと新聞に皆様の力をお貸しください。
こちらのページで会員募集を行なっております。
ご支援のほどよろしくお願いいたします。
やまと新聞社は日本をおかしくする事を許しません。

会員登録のご案内はこちら


この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg