2019年10月17日(木曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

郵政民営化と米国からの要求 稲村公望氏との話

16-05-10 11:57 配信

稲村公望氏(元「日本郵便」副会長)と郵政民営化の障害についていろいろと話をさせていただいた。
その中ですべては米国からの要望であり、年次改革要望書に明記されている要求であるとの指摘があった。
おおざっぱに言うと郵政を民営化し300兆円以上もの郵政資金をアメリカのために使えというものだ。


そして今郵政資金で米国債が大量に買われようとしている。


稲村氏は「郵政資金は地方創生資金として回ってきた、国内で使うのが当然で、なぜリスクの高い外国株や外国債を我々国民の資産である郵政資金で買わなければならないのか、これはまさにアメリカの要望でしかなく、誰かが多大な利権を得るものだ。これを追及してくしかない」と訴える。


郵政では扱ったことのなかったアフラックのがん保険取り扱いが始まっている。さらに米国は2015 年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書で郵政で扱う保険について「米国は,対等な競争条件が確立される前に,日本郵政グループがグループ金融機関の業務範囲を拡大することを日本政府が認めないよう,引き続き求める」と要求をしている。これは米国に有利な条件が整うまで日本郵政グループは業務を拡大するなということである。


今の日本で起こっているおかしなことの根本にこの米国からの要求があり、ほとんどの政治家がそのために動いていると言える現状を打破するため我々は声を上げるべきではないだろうか。


以下に示す2015 年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書抜粋をみてほしい。この(概要)部分だけをとってもそこに出てくる言葉は「米国の経済利益を促進」「米国内における雇用の創出」「米国の輸出を拡大」と全ては米国のためと言っている。日本のためとは一言もなく、米国のために日本は年貢を差し出せと言っているようにしか聞こえない。
これを見てTPPを推進しようと賛同する日本人がいるだろうか。


すべては米国からの要望により動かされているという事実。
これはTTPや郵政だけでなく、司法制度や医療、労働そのほか多岐にわたっている。


当然のことながら大手マスコミはこの要望を一切報道しない。
少しこのことに触れたコメンテーターはTVの世界から干されてしまった。


やまと新聞はスポンサーを取らず会員皆様の支援だけで運営する。だからこそできることがある。
真実を報道する。本当に日本のために何をすべきか。政治が正しいのか。おかしいと思おうことについては必ず書く。


6月のリニューアルで各分野で活躍されている皆様が執筆陣に加わってくれました。コラム・寄稿という形でそれぞれの専門分野で鋭い指摘をしてくれています。
ご期待ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015 年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書抜粋
(概要)
この協定(TPP)が妥結すれば,世界で最も早く成長している幾つかの国々との間の米国の経済利益を促進し,米国内における雇用の創出・維持に極めて重要な米国の輸出を拡大させ,米国の利益及び価値観を促進する地域の通商及び投資に関する高い水準を設定し,アジア太平洋地域の経済統合の基盤となり得る。

この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg