2020年06月06日(土曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

【動画】長崎純心大石井望准教授に聞く 中国古文書が物語る日本の尖閣領有の正当性 第一回「中国古文書から導き出す中国の尖閣領有権主張の大嘘」

13-04-11 20:51 配信









長崎純心大学石井望准教授は、漢文学を専門とし、中国側の古文書から中国の尖閣領有権主張の矛盾を暴き出し話題を集めている。今回、石井准教授に3回に分けて古文書の本来の意味、中国の主張の嘘について解説していただく。第一回は「中国古文書から導き出す中国の尖閣領有権主張の大嘘」

中国が尖閣領有権を主張する根拠としている古文書を読み解き、本来の意味を導き出し中国側の嘘を暴いていく。

動画内で使われた資料はこちら(ログイン後クリックで閲覧出来ます)

この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg