2019年08月19日(月曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

菅総理 口蹄疫対策本部会合を途中退席

理由は民主党広報用の写真撮影

10-06-13 11:24 配信

菅直人首相は6月10日口蹄疫対策本部会合を途中退席していた。しかもその理由は民主党広報用の写真撮影だった。


 6月10日は口蹄疫被害が都城に広がった日だ。宮崎だけではなく全国の畜産農家が大きな不安に包まれ、都城では一刻を争う防疫対策に取り組む中、宮崎は新総理の対応に大きな期待を寄せていた。それだけに「どこまで馬鹿にされなければならないんだ」と畜産農家は憤りをあらわにした。


 テレビや新聞各紙の報道は概ね以下のように報道された
-----------------------


家畜伝染病の口蹄疫被害が宮崎県都城市に拡大したことを受け、菅直人首相は10日午前、首相官邸で閣僚で構成する口蹄疫対策本部の会合を緊急開催し「危険な意味での節目だ。迅速な初動対応が何より重要。緊張感を持って一丸となって対応していきたい」と述べ、菅内閣として被害拡大の防止に全力を挙げる方針を確認した。


-----------------------


鳩山前総理がようやく宮崎入りし「一緒に頑張ろう」と言った翌日に辞任「騙された」と声を震わせた畜産農家は、「次の総理には」と期待していた。その中でこの報道だけを見ると菅内閣は誠実に期待に応えているように見える。


「また騙された」「どこまで馬鹿にすれば気が済むんだ」と畜産農家の憤りは頂点に。
しかし総理はこの極めて重要な会合をほっぽり出して、民主党広報用写真撮影をしていたのだ。おそらくメイクをして、にっこり笑みを浮かべてモデルを務めていたのだろう。「緊張感を持って一丸となって対応していきたい」という総理自身に全く緊張感がなく口蹄疫より選挙が第一、言葉は「うそばっかりだ」「選挙用パフォーマンスだ」(畜産農家の声)ということを自ら証明した。


それもそのはず、この日は国内最大規模の畜産地帯都城市でも感染が確認され宮崎県は牛208頭を殺処分した日だ。都城市は川南町など県東部から約50キロ離れている。政府の感染封じ込め策が失敗していたことが明らかになったのだ。全国の畜産農家は大きな不安に包まれ、都城や隣接する鹿児島県では一刻を争う防疫対策に追われ、政府の新しい対策や感染ルートの解明を望んでいた。口蹄疫対策本部でやらなければならないことは山ほどあるはずだ。なぜこんな緊急事態に対策本部を途中退席してまで広報用写真を撮影する必要があったのか。そんなことをやっている場合ではないと普通の日本人なら思うはずだ、菅直人総理は宮崎や日本のことなどどうでもいいのだ。

民主党の広報用写真がどのようなものか注目してみたい。宮崎県民、全国の畜産農家の方々はその写真をどのような思いで見るだろうか。「緊張感を持って一丸となって対応していきたい」と言いながら途中退席して、ニッコリ写真撮影。畜産農家から「鳩山以下」と言われても当然だ。

この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録

3.bingo 10-07-17 00:12:39 評価:★★★★★

民主党の政治は、政権を取ることしか頭にない。

こんな政党に票を入れた人は、国賊と云われても仕方がない。

2.SNOW 10-06-15 12:12:05 評価:★★★★★

馬脚を現すの早すぎだろ。どんだけ国民を馬鹿にする気なのか。だが次に選挙で民主党が勝ったら本当に国民は馬鹿だったということになる。

1.保守王国名古屋へ 10-06-14 02:02:03 評価:★★★★★

選挙が第一の民主党、首相や幹事長の首を
替えても中身は同じ。選挙のためなら沖縄
県民や鹿児島県徳之島の住人の心情など
考えずに票集めのためなら平気で人の心を
傷つける。今回の口蹄疫がこれだけ広まっ
たのは政府の責任であるということが全く
わかっていない。
こいつらは日本を任せておいたら本当に、
本当に国が崩壊してしまう。
世論では菅新内閣で民主党支持率が上がって
いるのが不思議でならない。
国民よ!去年の選挙で騙されたことを
忘れるな!民主党である限り、誰が首相、
大臣、幹事長をやっても同じだということを
忘れてはならない。


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg