2019年10月17日(木曜日)ようこそ ゲスト さん有料記事を見るには ログイン が必要です。

「たちあがれ日本」に不安を感じる

真正保守となり得るか

10-04-09 21:57 配信

いよいよ平沼新党「たちあがれ日本」が結党されスタートした。
しかしこの新党が真正保守と言えるのかどうか、早くも疑問が出てきた。
結党前平沼氏は各所で「日本を守る」「天皇陛下、英霊を敬い」などと述べてきた、しかしこのところの報道をみてみると、 平沼さんはすっかり影を潜め与謝野馨元財務相の意向で動いている様にしか見えない。平沼氏が「党首は私」といくらアピールしても、テレビ番組で小泉元総理の秘書官であった飯島氏は「与謝野新党」と断言するなど、平沼氏の存在感に早くも陰りが出てきている。政策面でも基本政策を「経済成長」「財政再建」「安心して生活できる社会」とし、与謝野氏持論の消費税率引き上げを盛り込むなど、経済対策ばかりで自民党と何が違うのかまるではっきりしない。
真正保守というからには日の丸を掲げ「天皇陛下を敬い」「英霊に感謝し靖国神社に参拝する。国立追悼施設など断固認めない」「竹島を始め日本の領土を守る」「日教組教育の打破」「国を壊す法案、政策は断固認めない」などが政策の第一にくるべきではないか。ところが「たちあがれ日本」ではこの点についてほとんど触れられていない。これで真正保守と言えるのだろうか。ただの自民党離れに乗じた選挙戦略と思われないだろうか。こんなことで平沼氏は本当に満足しているのか疑問である。
編集部が考える真正保守政党は石原都知事や平沼衆議院議員を軸に、田母神元航空幕僚長、中山成彬元文部科学相、土屋たかゆき東京都議会議員や街頭活動をつづけている地方議員。そしてやまと新聞社にメッセージを送ってくれた高市早苗議員や水島氏、三輪氏、藤井氏などで作る新党ではないか。「選挙で保守を語ると苦戦する」などと言っている場合ではない。もうその時代は終わった。今国民が求めるのは自民党に似たような政党ではなく、明確な主張を持って国民をリード出来る、強烈な指導力のある政党だ。ぜひこのような政党ができ、街頭で訴えてほしいと思う。先ず日本の目指す方向性を明確に示し、その上で目的達成のための安全保障や経済政策などを訴えるべきだ。何もビジョンが見えないまま場当たり的な経済政策ばかり並べられて、国民は魅力を感じるだろうか。

この記事にコメントする


 コメント投稿は会員のみ可 ログイン 新規登録

6.oudo 10-07-31 15:03:10 評価:★★★★★

まったく同感です。

5.駿河山人 10-06-18 23:11:26 評価:★

編集部のご意見に賛同します。急速にその方向に動いてゆくでしょう。靖国神社に参拝したようです。

与謝野さんも命がけだから本気でしょう。ただ左翼マスコミの非難を心配しているのではないかと思います。

混乱の時代の選挙なので、民意の動向を読むのではなく、民意を指導する気構えが望ましい。お願いではなく、ついてこい、です。

そのためにも貴紙の役割は大きい。特に号外作戦は有効です。よろしくお願いいたします。

4.たま 10-06-05 15:03:20 評価:★

菅総理の下で、このまま
民主が無事に参議院選挙を微減で終わり、
自民も、伸びずなんてことになれば、
すぐに、外国人参政権を通してくるでしょう。
そうなったら、保守は団結しなくてはいけません。いえ、その危機感から団結すると
思います。
今後とも、保守の発信、よろしくお願い致します。

3.利平衛 10-05-22 00:12:56 評価:★

「たちあがれ日本」を温かく見守りましょう
。平沼先生は熟慮のうえ与謝野先生と一緒に行動する決断をなされたのです。小さい事で批判すれば、分析力のない人に「たちあがれ日本」は駄目だと焼き付けてしまいます、此は大きく育つ力を削ぐことになります。 右派中道の自滅として左派が一番喜ぶところです、共産党は党外の路線の違いは戦略にプラスになれば黙っております、有望とあらば細胞を送り込み乗っ取りを謀ります。いま力が無いとき有望な政党を育てる時では無いかと愚考しております。    利平衛

2.bingo 10-05-20 23:11:37 評価:★

私は、平沼赳夫議員を応援してきていますが、新党「たちあがれ日本」の政党公約と方針が、まだ明確に見えていないのが不安です。

一番ショックだったのは、中山成彬氏と田母神氏、土屋氏が党に参加をされなかったことです。今後の真正保守は、明確に自民党とは違うことを打ち出さないといけないと思います。

この点での情報を追いかけて欲しいと思います。

(編集部)
コメントありがとうございます。「新党元気」ができていてくれたらと思います。(詳細は4月号をご覧下さい)

1.たっかー 10-04-14 19:07:53 評価:★

平沼党首はじめ、たちあがれ日本の方々には、はっきり「保守」の姿勢を見せて頂きたい。以前のコメントにも似た様な事を書きましたが、「保守は票にならない」という意識があるのならば、ここ数ヶ月の街宣、集会等の規模の大きさを考えて頂きたい。「何故あんなに大勢の人が集まるのか」を。国民は何を求めているのかを。

それを更に見せ付ける為に、今週末の国民大会、その前の街宣・デモ行進は成功させねばなりません。やまと新聞社様、1万人、いやそれ以上の数の「国民の声」を自民党・立ち上がれ日本他の各党に聞かせてやりましょう。

正に「草莽掘起」の時、来たれり!!です。

(編集部)
コメントありがとうございます。そうなんですね「保守をアピールすると落選する」という迷信?が先生方の間では根強く、なかなかアピールしにくかった時代がありました。しかし今は違いますよね。これからは保守です。それも日本を護り抜く真正保守です。他社が報道しないデモ活動や講演をできる限り報道していきたいと思います。それこそが真実なのですから。


fb2.png
pn2.png
yt2.png
nioko2.png

特集

国連3.png
国連は日本を敵国とみなし頑として敵国条項を廃止しない。その国連常任理事国入りのために血税871億円投入。1円も出す必要はないのではないか。
(記事順次更新中です)

 
pet.png
さまざまな場面で活躍するペットたちが物扱いでいいのか?ドックランを提唱して実現した土屋たかゆきを中心に国会に提言します。

TOKO宣伝.jpg