大豆と満州のお話


001.png

yamato1.png

005.png

「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より


2010091123190014c.jpg
戦前の日本統治下の満洲国ハルピンの町並み

【大豆と満洲のお話】

もやし、枝豆、煮豆、納豆、味噌、醤油、豆乳、ゆば、豆腐、油揚げ、厚揚げ、節分、サラダ油に共通するものは何か、といえば、ご存知「大豆」です。

大豆を、暗い所で発芽させるとモヤシ。
未熟大豆を枝ごと収穫して茹でたら、枝豆。ビールのつまみに美味しいですね♪

完熟したら大豆です。
完熟大豆を搾ると、大豆油(サラダ油)ができます。
ちなみに、サラダ油は、戦前までは燃料にもされました。

また、大豆を煎って粉にしたら、きな粉ができます。
蒸して大豆を麹菌で発酵させると、味噌や醤油ができる。
納豆菌で発酵させたら納豆になる。

熟した大豆は、搾(しぼ)ると豆乳がとれます。
その残りカスが、おからです。

豆乳を温めると、液面に膜ができますが、これが湯葉(ゆば)です。
ゆばに、にがりを入れて固めると豆腐ができる。

豆腐を揚げると厚揚げができるし、焼けば焼き豆腐、茹でれば湯豆腐、凍らせると高野豆腐ができあがります。

こんにちの日本人が、大豆を、これだけいろいろなカタチで加工して食しているというのは、それだけ大豆が日本人にとって古くてなじみの深い食品であることを示しています。

大豆というのは、植物の中で、唯一肉に匹敵するタンパク質をもっています。
なので大豆は、「畑の(牛)肉」、「大地の黄金」などとも呼ばれます。

大豆の生産は、世界では、
1位 アメリカ 8282万トン
2位 ブラジル 5020万トン
3位 アルゼンチン 3830万トン
4位 支那 1690万トン
5位 インド 660万トン
となっています。

日本は、国内で年間434万トンが消費されていますが、このうちなんと420万トンを輸入に頼っています。
いまや日本は、世界第3位の大豆輸入国です。

日本が大豆を輸入に頼っているから、なんとなく、大豆は欧米産なのだと思っている人も多いようです。
けれども、欧米に大豆がもたらされたのは比較的新しく、ヨーロッパで18世紀、アメリカでは19世紀のことです。

そもそも大豆の栽培は、土壌が弱アルカリ性じゃないと生育しないのです。

欧米の土壌は弱酸性で、古代、中世のヨーロッパで大豆の栽培が広がらなかったのも、土壌の問題です。

この土壌を改良することで、19世紀以降、欧米でも大豆の栽培がされるようになるのですが、これも当初は、もっぱら油やプラスチックの原料などに使う工業用に栽培されています。
食用ではなかったのです。

食品として欧米で注目されるようになるのは日本の大正時代(1920年代)以降のことです。

なぜ1920年代かというと、これが実は、日本が実に深く関係しています。

登場するのは、明治の中ごろ三井物産に入社した商社マン、山本条太郎(やまもとじょうたろう)です。

20100911232021f79.jpg
山本条太郎

彼は、商社マンとして満洲に一番乗りした男です。

山本条太郎は、慶應3(1867)年、福井県旧御駕町で元福井藩士の子として生まれました。
明治13(1880)年、12歳で神田淡路町の共立学校(現・開成高校)に入学するのだけれど、病弱で2年で退学し、三井洋行(現・三井物産)横浜支店に丁稚奉公します。

ものすごい働き者で、主人の覚えもめでたく、21歳で上海支店に転勤しています。

ここでも彼は抜群の商才を買われ、明治23(1890)年には、23歳で上海フランス租界の近くの交差点口に、三井支店長社宅を建立しています。

この建物は、1万坪の土地に、大きな3階建ての本館と別館、更に付属の建造物と、広大な庭には池や温室、芝生の野球場と5面のテニスコートが作られ、正門から本館の玄関までには、100メートルの小道がり、樹齢30年以上の桜の木が280本も植えられていました。

ここではその後、毎年3月に園遊会が開かれ、国内外の官民2000人あまりが招待され、当時この園遊会に招待されなかった人は社会的に紳士として認められていないとさえされたそうです。

それだけに招待客の選出には細心の配慮と苦心が重ねられたのだけれど、これを完全に取り仕切っていたのが、山本条太郎です。

とにかく頭が切れて、礼儀正しく、品性も良かったのです。
そういう人物でなければ、招待客の接待役などまかせられません。

そして明治34(1901)年、条太郎は、34歳で三代目上海支店長に就任します。

当時の上海支店長の社宅は、車庫には8人乗りの防弾型キャディラックが1台、8人乗りのビュイックと更に中型車が2台が、支店長専用車として停まっていたそうです。
車そのものが、超大金持ちでもなければ乗れなかった時代です。
その時代に、これだけの車を備えることができたというのは、それだけ三井物産上海支店の実力があったということです。

ちなみに、この車、全部防弾車で、ガラスはどれも3センチ以上の厚さがあったそうです。
ドアも、不注意にドアを開けて人にぶつかると、人が吹っ飛んでしまうほど重量のあるものだったそうです。
だから車が重い。
重いから燃費はリッター1キロ程度です。

ぜんぜん走らないから、条太郎は、もっぱら営業マンの乗る普通車ばかり使っていたとか。

もちろん営業マン用の普通車には、防弾処理などされてません。
だから危険な車でもあります。
しかし、軽くてよく走る。
このあたり、身の危険よりも、行動を優先した条太郎らしいところです。

山本条太郎は、後の昭和2年に満鉄の総裁になるのですが、実は、その条太郎が日本の商社マンとして満洲に乗り込んだ第一号です。

条太郎が行った頃の満州は、広大な荒れ地が広がるだけの緑のないところです。
当然、作物などない。

その満洲で、条太郎が、いちはやく目をつけたのが大豆です。

実は、中国に普及した大豆は、もともと南満州にいた貊族(こまぞく)という朝鮮族が、細々と栽培していたものを、いまから約2600年前、斉の桓公(かんこう)がここに攻め込んで、持ち帰った大豆に戎菽(チュウシュク)という名前をつけて、普及させたのです。

つまり、満洲では、ほんの小規模ながら、大豆が栽培されていたのです。

大豆というのは、そもそも温帯・亜熱帯産の植物です。
満洲は、亜寒帯です。
基本的に気象条件が合わない。

ただ、大豆を筆頭に、いわゆるマメ科の植物は、根っこに「根粒菌」という菌が繁殖します。
根粒菌が繁殖するから、根の又のところに、コブのようなものができる。
コブの中で繁殖した根粒菌は、大豆が空気中から吸った窒素や、地中から吸い上げた水から、アンモニアなどの有機物を排泄します。
マメ科の植物は、その根粒菌の排泄物を栄養源にして育つのです。

ですから荒れ地や傾斜地のような、栄養分が足らなくて植物の生育にあまり適さないような厳しい場所でもよく育つ。

ただし、当時の満州で行われていた大豆の栽培は、極めて限定的で小規模なものです。

山本条太郎は、これに目を付けた。

気候を調べたり、品種改良の可能性を検討したり、徹底して満州での大豆の栽培の可能性を探ります。

そして条太郎が面白いのは、満州での大豆の生育を研究している最中、つまり、まだ満州で大豆が生産段階に入っていない状況の中で、先に販路の開拓までしてしまったことです。

彼は、大正9(1920)年には、英国に赴いてヨーロッパ大陸での満洲大豆の独占販売権を得てしまう。

この頃のヨーロッパでは、まだ大豆を食べるという習慣がないのです。
大豆は、油をとって燃料にするためのもの、です。

それを食べさせる。

そのため、条太郎は、大豆の加工の仕方や料理の指導までやって、ヨーロッパ全土に大豆の売り込みをかけます。

こうして、ほんの数トンあるかないかだった満洲の大豆は、山本条太郎が名付けた「満洲大豆」の商品名とともに大きく成長します。

条太郎が満鉄総裁に就任した昭和2年には、満洲の大豆生産高は、じつに年間500万トンです。
このうち80%にあたる400万トンが輸出で、欧米向けが200万トン。日本へが200万トンです。

なんと満洲は、世界最大の大豆生産国になったのです。

満州で日本は、まず明治38(1905)年の日露戦争の勝利で、長春から旅順口までの満州鉄道全ての権利を手に入れました。

翌、明治39(1906)年には、日本は「南満州鉄道株式会社」(満鉄)を設立しています。

すこし考えればわかることですが、鉄道があっても、ただやみくもに大地が広がっているだけのところに列車が走るというだけでは、なんの収益も産みません。

ロシアが、そんな、なんの収益のあてもない満鉄を作ったのは、あくまで支那や朝鮮、日本への南下政策のための軍事輸送用です。

ところがその満鉄を、日本が得るや、日本はこれを民生用、つまり満州の産業育成のために用いています。

とにかくヨーロッパを中心に、無限ともいえる市場が開けているのです。
大豆を作れば売れた。

なにせ収穫量の8割以上が商品として輸出されていたのです。

売れるから、もっとたくさん作る。
そのために荒れ地を開拓する。

開拓するから、農地が広がる。
そこで生産された大豆を運ぶために、満鉄が満州全土にアメーバのように伸びていく。

当然、鉄道と鉄道が重なるターミナル駅には、多くの物資や人が集まります。

わずか20年前には荒れ果てた大地にすぎなかった満州は、こうして緑豊かな一大農園地帯に変貌していくのです。

満州の人たちは大豆と小麦を売って、自分たちはトウモロコシやアワを食べた。
大豆は、満洲に住む人々にとって、まさに黄金と呼ばれるようにさえなっています。

当時の記録によれば、満州の貿易額の50%以上が大豆です。

満鉄は、ただ大豆栽培を奨励しただけではありません。
大連に「農事試験場」と「中央試験所」を建設し、大豆の研究に取り組みます。

「農事試験場」では大豆の品種改良や栽培試験を、
「中央試験所」では大豆の利用研究を進め、大豆油(サラダ油)の近代的製造法確立の研究をします。

その後の30年間で設立した農事試験所関係施設はなんと90ヶ所にのぼります。
満鉄の大豆に注いだ情熱は並大抵ではなかったのです。

中央試験所には、当時、総勢千名を超える人員がいたそうです。

発表された研究報告は約1000件です。
特許が349件。
実用新案47件です。
華々しい成果です。

この試験所の様子については、夏目漱石も視察した模様を小説の中で紹介しています。

さらに満鉄中央試験所では、大豆蛋白質による人造繊維、水性塗料、速醸醤油製造法の技術展開、大豆硬化油、脂肪酸とグリセリン製造法、レシチンの製造法、ビタミンB抽出、スタキオースの製造法の確立など、その成果は枚挙にいとまがありません。

ちなみに、現在世界が大騒ぎしている大豆油を原料とするバイオ燃料の研究も、世界の先鞭をきって開発研究に取り組んだのが、満鉄中央試験場です。

満州は、大豆農場が広がり、関連産業が発展し、生産穀物の中継点となるターミナル駅ができ、そこが街になり、都市になり、建設が進み、人々に供給する電力や交通、流通などの産業が発展する。大都市ができあがります。

貧乏人には誰も振り向かないが、ある程度お金を持っていたり、儲けたりしていると、多くの人が寄ってきます。
そういう点は、今も昔もかわりません。

満洲が豊かになればなるほど、その利権に垂涎を流す者たちが出てきます。
とりわけ欧米列強にとっては、民度が高く、産業の発達した満洲は、喉から手が出るほどほしいのです。

同時に満洲は、ロシアの南下圧力があり、これは、支那中南部を実質的な支配下に置いた米英にとっても、脅威です。ロシアに巣食うコンテルンは、平気で治安を乱し、人を殺すからです。

さらに当時、まだ新興国であった米国にとっては、とにかくアジアの大陸中に植民地がほしい。
冒頭、いまの大豆の生産高の世界TOPは、米国と書かせていただきました。
それはなるほど、そうなのです。

いまでは米国は、自国で大豆やトウモロコシや小麦を作っているけれど、広大な大地が広がる黄色人種の国家を植民地にすれば、なにも自分たちで汗水流してそれらを作る必要なんてない。
植民地の有色人種(カラード)を使役して、彼らの土地で作らせればよいのです。

実際、目の前には、満州という荒れ地が、見事なまでの農業国家となり、荒れ果てた大地が、見事なまでの緑豊かな豊穣の土地になっているところ(満州)があります。

大豆は、もともとは亜熱帯性であるといことは、これを満州ではなくて支那で作らせれば、収穫高は、北のはずれの満州どころの話ではないし、市場はすでに日本がヨーロッパで作ってくれています。

ジョンウエインさながらに、銃を持って奪いさえすれば、人類の原罪である労働をしなくても、腹いっぱい飯が食えて、贅沢三昧をすることができる。

英国が戦艦を新造し、日本が日露戦争に疲弊して、財政再建のために国防予算をケチり
出した大正のはじめごろ、米国にチャンスがやってきます。

米国が東亜進出するに際しての最大の障害であった日本が、なんと軍縮会議に同意してきたのです。

これが大正11年のワシントン軍縮会議で、日:英:米の海軍力比率は、3:5:5と決められた。

それでも日本には日英同盟があったのだけれど、英国はこれにも干渉し、日英同盟の更新を拒み、変わって、英米軍事同盟を結んでしまいます。

こうして東亜にあった世界2強の一角である日本は、軍事強国から、一夜にして軍事弱国に転落した。

「満洲が欲しい、支那が欲しい」

米国は、満洲建国になんやかやとナンクセをつけて、日本を満洲から追い出しにかかります。

一方、軍事力より、五族共和と人種の平等を目指した日本は、満洲統治にあたり、つぎの3項目を基本として掲げました。

1 悪い軍閥や官使の腐敗を廃し、東洋古来の王道主義による民族協和の理想郷を作り上げることを建国の精神とし、資源の開発が一部の階級に独占される弊を除き、多くの人々が餘慶をうけられるようにする。

2 門戸開放、機会均等の精神で広く世界に資本をもとめ、諸国の技術経験を適切有効に利用する。

3 自給自足を目指す。

日本は、この理想を実現するために、満州国建設に伴う産業開発五カ年計画を策定し、当時のカネで、48億円というとほうもない資金を満洲に提供しています。

そして大豆、小麦といった農産物に加えて、鉄、石炭、電力、液体燃料、自動車、飛行機などの生産力向上を図っていたのです。

同時に日本は、満州における人材教育に力を注ぎます。
なぜなら、満州経済の発展のためには、人材の育成が不可欠だからです。

約束を守り、時間を守るという、いわば「あたりまえのこと」があたりまえにでき、人々が創意工夫をし、公に奉仕する精神がなければ、経済の発展などありえない。

しかし、支那から満州までの広大な大地の植民地支配を狙う米英からすれば、これまた日本のしていることは、「余計なこと」です。

こうしたことは、すこし考えたらすぐにわかることです。
英国は、満州から大豆を輸入しています。
これを英国の支配地に置いたら・・・つまり完全自国支配・・・完全自由貿易状態・・・TPP状態・・・に置いたら、そこで生まれる利益は、すべて自国のものです。

しかも、有色人種(カラード)が働いて給料をもらう状態ではなく、被支配者として給料など与える必要のない植民地体制下では、人件費コストは下がり、儲けは倍します。

同様に支那大陸を米国が支配下に置いて、そこで大豆やトウモロコシ、小麦の栽培を行ったら、米国は世界の食卓を支配できる。

当時の米国は、フィリピンや太平洋の島々を植民地にしているけれど、そうした島しょでは、広大な地所を必要とする農場の経営はできないのです。

そうした米英の思惑の目の前で、満洲は大発展を遂げて行きます。
農業、産業、教育の振興と都市部の発展にあわせて、満州鉄道の路線は、昭和14(1939)年には、なんと1万キロメートルを超えた。

バス路線は、二万五千キロメートルに及びます。
満州航空輸送会社による国内航空路は、網の目のように張り廻らされた。

満洲は、世界有数の経済大国として成長していったのです。

そして、その満洲国の発展の、おおもとにあったのが、実は大豆です。

ところが、満洲はもともと酸性の土壌です。
大豆の栽培には、土壌がアルカリ性でなければならない。
土壌改良のために、農薬として、大量のリンが必要です。

当時の満洲は、大豆生産のために必要なリンを米国から輸入しています。

ここに米国が目を付けた。
米国は、リンの満洲に対する輸出を、突然打ち切ってきたのです。

ABCD包囲網です。

こうなると、満洲経済の基礎中の基礎である大豆の生産ができなくなります。
満洲経済は、その基礎を揺るがせられる。

これは、日本の食卓にも重大な影響を与えます。
日本人は、大豆を味噌汁や醤油、豆腐などで、主食並みに消費してるのです。
満州大豆で食卓をうるおしていた日本人にとって、米国のリンの輸出規制は、一大事です。

実は、日本が、開戦をするしかないところまで追い詰められた背景には、実は、満州におけるリンの輸出制裁と大豆の栽培というファクターがあったのです。

結局、支那大陸から満州の大地に手を伸ばし、そこを植民地支配しようとする米英の目論見は、日本の乾坤一擲の大勝負であった大東亜戦争によって潰えます。

くやしまぎれ、というのでしょうか。
米国はGHQを日本に派遣すると、日本で研究されていた農作物や新種の作物などをこぞって本国に持ち帰りました。

そして米国内の広大な大地で、それら荒れ地に強い農作物を育て、結果としていま米国は世界最大の農業国家となっています。

植民地支配によって、働かずに食おうとした米英は、結局は日本と戦って多くの人命を犠牲にしたあげく、植民地をことごとく手放すことにもなった。

彼らはよほどくやしかったのでしょうか。
戦争に負けた日本には、農業政策にこまごまと干渉し、小麦も大豆もいまでは、日本の農家が生産しても儲からないようになっています。

おかげで、かつては日本国中、いたるところにあった麦畑や大豆畑が、いまではほとんどみかけなくなっていまった。

そして小麦も大豆も、いまの日本は、ことごとく米国の言い値で買わされています。

ちなみに、小麦についていえば、米国から輸入する小麦は、日本国政府が一括して買い上げることになっています。
そして、政府が買い上げた小麦は、一括して政府の指定製粉業者に払い下げられる。
そしてその製粉業者が、粉末に加工した小麦以外は、一般の日本人の目にさえもふれることがないようにされています。

さて、今日のお題の、大豆です。

最近のものの本によると、大豆は支那の東北省(旧・満洲)のあたりが原産地である、などと書いてある。

南満州に斉の桓公(かんこう)が攻め込んで、大豆を持ち帰った、だから、満州が原産地というのです。

でもこれは、いまから2600年前、紀元前7世紀頃の話です。

では、それ以前はどうだったのかというと、教科書などには、稲作と同じように、大豆は支那から朝鮮半島を経由して、いまから2000年くらい前に日本にもたらされた、と「解釈したい」のが、いまの日本の教科書らしい。

なぜなら・・・という、これが実に面白いのですが、実はこの説は、具体的な考古学上の検証に基づくものではありません。

どういうことかというと、その昔、支那に神農皇帝という人がいた。

神農というのは、支那古代の三皇五帝の三皇のひとりで、いまから4700年ほど前に「実在した」とされる皇帝です。

この神農時代の事跡を書いた本が「神農本草経」という本で、その本には、「生大豆をすり潰して、腫れものに貼ると膿が出て治る」、「呉汁を飲むと解毒作用がある」などという記述がある。
だから、支那では、いまから4700年前、もっといえば、いまから5000年前には、大豆が栽培されていた、というのです。

もっとも多くの学生さんたちは、上の文の前段は省かれて「支那では、すでに5千年前には大豆の生産が行われて・・。」というところだけをまる暗記させられる。
テストに出ると言われれば、そう覚えるしかないです。

ところがこの神農という人が、実にすごい人です。

なんと身体が、脳と四肢を除いてぜんぶ透明!
内臓が外からはっきりと見えたのだそうです。

で、その神農が草木を嘗めて毒か薬かを調べると、毒があれば内臓が黒くなったので、その植物の毒の有無と、人体に影響を与える部位を見極めることができたのだそうです。

なぜ、胴体部分だけの皮膚や体脂肪だけが透明だったのか、どうして四肢は透明ではなかったのか、どうして脳は見えなかったのか、いろいろ考えだすと眠れなくなっちゃいそうですが、ひとついえるのは、その姿って、アマリミタクナイ^^;

「神農本草経」という書にしても、その原書があるわけではありません。

あるのは、西暦500年頃、つまり日本でいうと、蘇我氏と物部氏が、いろいろとゴチャゴチャと争いをしていた時代に、南朝の陶弘景という人が、原書を手本に注釈本として「神農本草経注3巻」を書いた、その注釈本が残っているだけの話です。

どこにも、4700年や、5千年を証明するようなものはない。
ほとんど、白髭三千丈とかの話と同じで、たんたんたぬきの百畳敷きという話です。

具体的に大豆が史書に登場するのは、先に述べた斉の桓公の逸話が、紀元前7世紀、次に出るのが、紀元前140~8年に書かれた「史記」になります。
「史記」には、歴代皇帝が五穀豊穣を願って儀式をしたと書いてある。

五穀とは、諸説ありますが、米、大麦、小麦、粟(あわ)、黍(きび)、大豆であり、前に述べた、紀元前7世紀ごろの斉の桓公の逸話から600年で、支那全土に大豆が普及したとしても、これはおかしくはありません。

では日本ではどうかというと、実は、縄文前期(約7千~5千年前)の遺跡である福井県三方町の鳥浜貝塚から、大豆が出土しています。

なにが目的なのか、その発見された大豆のことを、リョクトウと表記している本が多いのですが、これは漢字で書くと「緑豆」で、ただしくは、ミドリマメと読みます。
これは大豆のことです。

逆にいえば、いまから2000年ほど前、つまり紀元0年ごろに、大豆が大陸から渡来したという証拠は実はなにもない。

むしろ大豆は、大陸からではなく、南方から海伝いに日本に渡来し、これを日本の古代人が大事に栽培し、さまざまな加工食品として活用しながら、日本人の食生活になくてはならないものとなっていった、と考える方が、土壌的にも、地質学的にも、考古学的にも自然なことと思います。

なにせ、中華料理で、大豆料理など、ほとんど、ないです。
大豆の加工食品すらない。

大豆が支那において、それだけ古くて歴史のあるものなら、大豆餃子や、大豆老麺なんてのも、ありそうです。
でも、ないです。

ところが、日本には、大豆の加工食品は、あらゆるものがそろっている。

そして戦前には、大豆でもって、満州の荒れた大地を、緑豊かな穀倉地帯に変えてしまった。

それにしても、日本て、ほんとに、とてつもない国ですね^^b

関連動画(YouTubeより)