あんぱん誕生


001.png

yamato1.png

005.png

「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より「ねずきちのひとりごと」(日心会 会長:小名木善行)より


20110111211510aa1.jpg

木村安兵衛

パンの中に小豆餡が詰まった「あんぱん」は、菓子パンの定番として、日本人なら誰もが知っていて、誰のお口にも合う美味しいパンです。

この「あんぱん」、正真正銘、日本生まれの日本育ちなら、パンも、あんも、日本流なのです。

中のアンコも純和製なら、外側のパンも、日本人の口に合うように発明された日本独特のパンです。

普通の西洋式パンは、ビールと同じホップを用いたパン酵母を使って作られますのですが、あんぱんは、酵母ではなく、日本酒酵母の麹を使って作られるのです。

これは、パン作りに和菓子の饅頭の皮の製法を取りいれたもので、そのためパン自体がアンコの味によく合い、とってもおいしくなる。

この「あんぱん」が日本で最初に発売されたのは、明治7(1874)年のことです。

発明したのは、木村安兵衛(きむらやすべえ)です。

木村安兵衛は、もともと茨城県牛久市生まれの武士です。
ところがお家が幕府側だったため、明治維新後、職を解かれて失業者になってしまう。

このときすでに安兵衛、55歳です。
当時としては結婚の遅かった安兵衛は、この時点で子供たちはまだ子供です。

生活に困った安兵衛は、本家筋を頼って江戸に出た。

ようやく決まった職業が、「東京府職業授産所」の職員です。
名称は「授産所」だけれど、女性が子を産むお産ではありません。
当時、巷にあふれている失業した元武士たちに職を世話したり、手に職をつけさせるための職業訓練をしたりするところです。

いまでいったら職安と職業訓練所が合体したような民営の施設です。

安兵衛はそこで事務職を勤めるのだけれど、ここでたまたま、長崎でオランダ人宅のコックを務めたという梅吉という人物と出会い、「パン」というものの存在を知ります。

これからの日本は、文明開化の時代になる。

そう考えた安兵衛は、明治2(1869)年、妻のわずかな蓄えを元手にして、いまの新橋駅あたりにパン屋「文英堂」を開きます。

当時、新橋のあたりは、人通りの多い一大繁華街です。

文英堂の「文」は、妻の名前の「ぶん」、「英」は、息子の名前の「英三郎」からとったものです。

場所もいい、店の名前もいい。商品も画期的です。
これで成功間違いなし!と思ったのもつかの間、開店間もない「文英堂」は、この年の大火で、全焼してしまいます。

あっというまに安兵衛一家は全てを失い、無一文です。

年齢も年齢です。
もはや、後戻りができる年齢ではない。

息子の英三郎も、パンの作り方を覚えてくれて、なんとかしてパン屋を再開したいという。

安兵衛は、落ち込む心を振り切って、ようやく銀座の煉瓦街に小さなお店を借ります。

いまでこそ銀座煉瓦街といえば大繁華街ですが、明治3年当時の煉瓦街は、一種の倉庫街のようなところで、人通りもまばらで、閑散としたところです。

場所がよくないのです。
商品を作って店頭に並べておけば売れるという繁華街のお店ではありません。

立地条件の悪いところでパンを作って売るとなると、そうとうパンそのものに工夫を凝らしたものを発売しなければ売れません。

安兵衛は、息子の英三郎とともに、商号を「木村屋」と変え、日夜パン作りに励みます。

まずは、なんとかしてふっくらして柔らかなパンを作ろうとした。
これにはなんとか成功します。
食べたお客さんは、誰もがおいしいと喜んでくれた。

ところが、当時の日本には、パンを食べる習慣がありません。
習慣のない日本で、もっとみんなが好きになってくれるパンにするためにはどうしたらいいか。

貧窮のどん底の中で、安兵衛は日夜、いろいろな工夫を試みます。

そして明治7(1874)年、安兵衛は、パンの製法そのものを、ホップではなく、麹(こうじ)を使った和風テイストのパンにする。
そして、和風パンの中に、小豆あんを入れた、「あんぱん」を開発するのです。

これまで、味わったことのない新しい食感です。
安兵衛は、このパンに「あんぱん」と名前をつける。

ある日、山岡鉄舟がこの店にやってきます。
木村安兵衛のあんぱんは、単に西洋のパンを模倣したものではなく、日本に古くからある和菓子の製法を取り入れ、西洋と日本をブレンドした新しい味わいのパンです。

鉄舟は、この安兵衛の「あんぱん」に感動します。

そして、明治天皇が水戸家へ行幸される折、侍従となった山岡鉄舟は、陛下に酒種あんぱんを献上したのです。

明治天皇は、ご試食されたあんぱんが、とてもお気に召し、皇后陛下は特に愛され、引続き上納の栄を賜ることになります。

安兵衛の木村屋は、なんと宮中御用商に加わることになったのです。

この話は瞬く間に全国に広がり、木村屋のあんぱんは、全国一の大ヒット商品となります。

山岡鉄舟は「木村家」屋号の大看板を揮毫してくれた。

20110111205405613.jpg


さらに明治10(1877)年、西南戦争が起こると、陸軍が軍用食としてパンを採用し、木村屋から大量のパンを仕入れます。

こうして木村安兵衛は、いまに続く銀座・木村屋総本店の基礎を築き上げたのです。

ずっと武家として過ごしてきた安兵衛が、50歳を過ぎて失業者となり、親戚を頼って江戸に出て、そこでパンと巡り合う。

やっとのことでパン作りの技術を習得して、わずかばかりの女房の蓄えで、やっと小さな店を持つ。

ところが、その店が、開店間もないうちに焼失して、一文無し。

なにもかもがなくなって、もはや一家心中するしかない、というところまで追いつめられて、それでもなお、子や妻のために生きなければと、奮起して、まるで人通りのない、倉庫街の裏道に、店を借りる。

パンを作っては、行商し、すこしでも売れるようにと、歩きに歩いてくたびれきったその足で、毎夜、夜半過ぎまで「おいしいパン」をあきらめずに研究し続ける。

そうしてやっと出来上がったのが、「あんぱん」です。

でも、安兵衛は、どこまでも明るく謙虚でいたから、山岡鉄舟と出会うことができた。

いくらパンが美味しくても、木村安兵衛の人格に問題があれば、鉄舟は明治天皇にあんぱんを献上などしないからです。

安兵衛は、貧乏のどん底にいて、パンだけでなく、きっと心も鍛えたのではないかと思うのです。

いま、日本はたいへんな経済苦の中にいます。

ボーっとしているのは、民主党の議員と、倒産寸前にありながら高給を食んでいるマスコミの社員とパチンコ屋くらいなものです。

けれど、こうした苦しい時こそ、日本人の真価が発揮される。

どんなに苦しくても、明るく朗らかに、未来を信じて戦う。
それが日本人です。

外地で亡くなった、英霊のみなさん方も、テレビや映画の戦記物では、なにやら苦しく暗い姿に日本軍が描かれます。

たしかに戦況は厳しく、食い物もなく、怪我しても治療薬もなかった。

けれど、みんななぜか明るかったのです。
戦闘が長く続く壕の中で、髭面となった顔で、歯をむき出して冗談を言い合って笑いあった。
互いに励ましあった。
苦しいから、つらいから、余計に笑顔をお互いに大事にした。

だってそうじゃないですか。
たしかに戦線は、つらく苦しい戦いだった。
もちろんそうでしょう。

でもそれを補って余りあるほど、軍隊は明るくてみんな楽しかった。
中にはイヤな奴もいたけれど、それでもほとんどの奴らは、みんないいやつだった。

いまの会社や部活だってそうじゃないですか。
ときどきイヤな先輩とかもいるけれど、同僚たちはみんなどっかしっかいいところをもっている。

そういう連中と、命のやり取りをする最前線で一緒に戦ったから、戦友なんです。
だから、戦後65年たったって、みんな毎年、会うのが楽しみなんです。
戦地がいやでいやでたまらないところだったら、戦友会があったって、誰も来やしません。

戦後、軍隊の誹謗中傷、悪口の限りを尽くしたインテリなんかもいるけれど、そういう奴らは、たくさんいるようでいて、実はほんの少数でしかない。
だいたい、他人の悪口や非難中傷ばかりするような奴は、軍隊時代もみんなから鼻つまみです。

で、戦争が終わったら、まるで天下をとったみたいに、戦友や上官たちの悪口を言い募った。
そんなのは、ごく一部の、見下げ果てた連中でしかない。

辛く苦しい戦いさえも、明るく楽しい和の場にしてしまう。
そういう底抜けの明るさや思いやりが、誰にでもある。

日本人というのは、そういう民族です。

天は、木村安兵衛に、あんぱんという報酬を与えました。
木村屋総本店は、いまも老舗として立派に営業しています。

けれど、その背景には、明治維新でなにもかも失い、ようやく出したお店まで火事で失い、年齢も、当時としてはもう、とっくに引退しているような年齢で、それでもがんばりぬいた。

苦労に苦労を重ねても、明るさや家族への愛を忘れず、けっしてくじけたり、いじけたりしなかった。
安兵衛が、そういう心がけの男だから、鉄舟が、見出した。
そして未来が拓けた。

日本は、いまほんとうに苦境です。

それでも、めげず、くじけず、明るく、清く、せいいっぱい働き、未来を信じて生きる日本人。

いやあ、やっぱり、日本人て、いいですね^^v

関連動画(YouTubeより)